大腸内視鏡

当院では、最大限に苦痛を軽減するために、水浸法による内視鏡検査を行っております。

水浸法は空気の代わりに少量の水を利用することで、空気による腸の過膨張をなくし、腸を伸ばさずに挿入できるため、痛みを感じにくい検査法と言えます。さらに軽く鎮静剤を使用することにより、うとうとした状態で検査を受けられるため、「いつの間にか終わっていた」と大多数の患者さんが言うほど苦痛のない検査を行っています。

検査時間は20分位で、ポリープの同時切除も行います。ポリープ切除後の入院は、基本不要で、制限はありますが翌日から日常生活が可能です。また、検査後すぐに電子内視鏡画像による結果説明をいたしますので、不安を翌日に持ち越すこともありません。