胃内視鏡

当院では、鎮静剤を使用することで痛みや苦痛のない内視鏡検査を行っております。患者さんは眠った状態で検査を受けられるので、苦痛や恐怖感を感じることなく、目覚めた時には検査は終了しています。検査時間は、10分位と短時間で終了します。

当院の検査のメリットは、患者さんに苦痛が無いため、色素法や特殊光観察など時間の掛かる検査も落ち着いて確実に行えるため、ミリ単位の小さな病巣の発見率が高まります。

また当院採用機種の経口ハイビジョン内視鏡は、口径の大きさ活かした広い視野と高画質の画像が得られるため、死角になりやすい部位もより確実に発見することが可能です。

・希望者には、鎮静剤を使用しないのど麻酔による検査も行っております。